• トップ /
  • 賃貸物件退去時のリフォーム費用

賃貸物件をリフォームするなら

賃貸物件退去時のリフォーム費用

敷金と退去時のリフォーム費用

賃貸物件は、大家さんや不動産会社が所有する資産です。つまり他人の持ち物なので、家賃さえしっかり支払っていればどんな使い方をしても自由ということはありません。借り手には、果たすべき義務や責任があります。その代表が、善管注意の義務と原状回復の義務です。善管注意というのは、借りた部屋を適切な注意をもって大切に扱うことです。そして原状回復は、その賃貸物件契約を解約して退去する時には室内を入居時の状態に戻して大家さんに返すという義務です。この義務により、物件から退去する時には室内のクリーニングやリフォームの費用を負担することになります。全ての物件について言えることですが、年月が経過することによって自然な汚れや劣化が発生します。これを経年劣化と呼んでいます。不動産の取引全般を管轄する法律の宅地建物取引業法では原状回復の範囲を定めていて、経年劣化については借り手によるリフォームや修理の必要はないとしています。このガイドラインにより、故意やそれに近い過失によって生じた傷や汚れを費用を自己負担して元通りに戻すことになります。賃貸物件退去時には、明け渡しの審査があります。明け渡し審査では不動産会社や大家さんが入居時の状態と比べて汚れなどをチェックし、借り手が費用を負担してリフォームやクリーニングする範囲を決定します。原状回復の費用は、その物件の賃貸契約を正式に交わした時に初期費用として渡してある敷金から充当されるのが一般的です。

バックナンバー

↑PAGE TOP