• トップ /
  • リフォーム済み賃貸物件には注意

賃貸物件のリフォームの注意点

リフォーム済み賃貸物件には注意

リフォームされるのは見た目のみ

賃貸物件を探すとき、新築と中古どちらにするかは悩みどころ。ただ、見た目は新築のリフォーム物件には注意が必要です。確かに新築賃貸を手に入れるよりは安く手に入りますし、現代風の設備が揃っていて便利です。中古ならではの見た目の古さはありません。とはいえ、それは見た目のみ。リフォームしたからといっても土台までは新しくならないのです。たとえば畳の部屋を今風のフローリングにしたとしても床の響き方には差が出てしまいます。元々、フローリングにすることを想定して作られた部屋と、後からリフォームによってフローリングにしたものとでは床の構造の処理が異なるのです。たとえ洗濯機の置き場所が変わっていてもコンセントが必要なところについていなかったり、トイレなのに十分な寒気設備がなかったり、住んでいる中で不具合が出てくる可能性は高いです。リフォーム箇所をきちんと確認して、それによる不具合はないか注意してみるようにしましょう。それをクリアした物件であれば中古の賃貸とは言ってもかなりお得な商品となります。ただ単に直感で選ぶよりも、何軒も物件を見て、見る目を養ってから契約に踏み切るよう注意した方が失敗は少なくてすむでしょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP